中古車は新車以上によく考えて選ぶことが大事


中古車は一台とて同じものがない

中古車を検討している時に注意しておきたいことが、状態が同じものは一台とて存在しないということです。たとえ走行距離や年式が同じだとしても、使われ方が変わってきますから、それぞれ状態が変わってきます。つまり、当たり外れがあるということなので、当たりを引くことができればよいのですが、外れを引いてしまうとトラブルに見舞われたり余計にお金がかかってしまうことになります。中古車の良し悪しを完全に見極めることはプロでも難しいので、素人だと更に難しくなってしまいます。しかし、当たりを見抜くことはできなくても、極力外れを引かないようにすることはできますから、中古車を購入する時には新車以上によく考えて選ぶようにしましょう。

走行距離や年式以外の部分にも抑えておきたいポイント

中古車を選ぶ上で走行距離や年式を目安にするのはもっともわかりやすいポイントです。大体5万キロ、5年以内の車であれば極めて状態が悪いという可能性は高くありませんから、一つの目安としては悪いものではありません。しかし、車の状態はそれだけで決まるものではないので、整備がしっかりされているか、外装に問題がないか、下回りのサビが無いかと言った細かい部分までよく確認をするようにしましょう。車の調子を維持するには整備が必要不可欠ですから、5万キロ、5年程度でもよく整備されてきた車とそうでないものでは状態面で差がでてきます。外装に傷がついていればどこかにぶつけた可能性がありますから避ける要因になりますし、サビは車の劣化を早めるものなのでよく見ておきたいポイントになります。

ちゃんと整備されたボルボの中古車を購入するなら、ボルボが認定した厳しい基準をクリアした、VOLVO SELEKT APPROVED CARを探してみましょう。